秋空の落下◆Rushed and betrayed


f0035447_19515422.jpg




             あなたの腹黒い証明を
             鏡に映して見せてください
             切り開かれた瞳孔は
             直視するのを嫌うでしょう


                          冷たい夜の水底へ
                          螺旋を描いて降下する
                          わたしの羽音は軽やかでしょうか



             染み一つない秋空に
             体を預けて飛びました
             やさしいあなたの街角に
             見知らぬ日傘が見えたとき
             羽は動きを止めたのです

                          
                          いのちに証しが要るのなら
                          痛みの果てる淵の辺の
                          深みに落として見せましょう

            

             薄墨の空に日は落ちて       
             いるはずのない影たちが
             地底の襞から這いのぼり
             わたしの羽を貪ります
             日傘の紅が矢のように
             わたしの瞳を貫いて――

          
                           少しも惜しくはないのです
                           逃げ水のような裏切りは
                           こころを置き去りにするだけです
                             
    
             
             盲いたわたしは羽を失くし
             もはや俯瞰することはないでしょう
             あなたの瞳の中にある
             かつてはわたしの住んだ街
             見知らぬ日傘の行く街を
          
               


               

  by wind-walker | 2006-10-13 19:18 | 心象風景

<< 風を忘れた君へ◆The win... 寓話◆A fable >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE