心は花に◆In the season of Sayonara

f0035447_13521862.jpg




                       あなたは だあれ?

                      ちゃんと 生きてる?

                       生き生きしてる?

                        行き来してる?

                         息してる?


                         心は花に

                        言葉は川に

                        いのちは空に
[PR]

  # by wind-walker | 2006-03-31 13:58 | 心象風景

訣別◆Adieu

f0035447_23121690.jpg




       ごめんねという言葉 のみ込んで

       ただ君の暮らしの一コマ 思い浮かべ

       何もしてあげられないこと 少しだけ恥じ

       あとはもう 口もきかずに

       別々の景色見ていた



       さよならという言葉 つぶやいた

       たとえ出会ったことが まちがいだとしても

       何も感じない出会いより 意味があったと信じ

       あとはもう 視線も交わさず

       光年のかなたへ飛び去った



                              これでほんとうに さようなら

                             手にした石ころ 川面に投げて

                              きれいな気持ち 底に沈めた

                                 岸辺に水の輪 届いても

                               振り返ったりは しないから



       行き場のない小さな哀しみが

       草むらの奥で震えている
[PR]

  # by wind-walker | 2006-02-14 23:25 | 心象風景

君が好き◆Sunk deep into my soul



            暗いことが悪いことだなんて誰が言ったの

             友だちのいない子をいじめたのはだあれ

              引きつった笑顔をつくろうともしない君

              暗い瞳で虚空を見つめる君の横顔

               好きというだけでなにもできない

                けれども君を大切にしまおう

                僕の心の枯れ井戸深くに

                  ある日ひたひたと遠く

                  水音が聞こえたら

                   僕は君を思うよ

                    君の水脈が

                     僕の心を

                      潤した

                      刹那

                       愛
[PR]

  # by wind-walker | 2006-02-10 10:01 | 心象風景

墓場◆Epitaph for the hollow words

f0035447_11101539.jpg

     

             書かれるべきことが十分に書かれないと
    
             言葉は空しくなり

             書かれたことが存分に読まれないと

             言葉は哀しくなり

             その存在する意味を失う



             そのとき言葉はただのでたらめな記号となり

             でたらめな記号の配列の謎は
 
             だれからも顧みられることなく

             底なしの井戸に葬られる



             これら陵辱された言葉たちのために

             今宵 葬礼の花を手向けよう
[PR]

  # by wind-walker | 2006-02-07 11:19 | 風のわだち

幻想譚◆Mermaid's dream Ⅱ

f0035447_22161388.jpg



                箪笥のいない夜更けに

                わたしは廃屋に棲む四つ目と会う

                四つ目を思うとなんだかせつなくて

                夕暮れ時からたまらない気持ちになる 

                廃屋が見える路地まで来たら

                心臓が喉元までせり上がってきた



                四つ目はむかし神様だった

                節分の日に桃の木の弓で鬼を追った

                四つ目はときどき 

                追われる鬼に噛まれた傷を

                月光にさらしてヨモギで撫でた



                ああ 四つ目四つ目とわたしは囁く

                四つ目の頬は青白く 

                首筋は硬い木の肌のようだ

                ポケットに忍ばせた一つの林檎を

                四つ目と二人でこっそり食べた

                かすかな酸味が歯茎に残る

                いけない気持ちは微塵もなかった

                親密でいることが心地よかった



                四つ目は荒れた庭先に

                林檎の芯を放り投げ

                枯れ枝にかかる月にそっと手を翳した

                わたしはそれから髪を解き

                波の音が聞こえてくるまで

                四つ目の胸に耳を当てた



                「きみが人魚じゃなかったら

                ぼくらはきっと普通に出会って

                普通に林檎をかじってただろう」



                四つ目の言葉にずきんとした

                わたしが人魚じゃなかったら?

                そんな仮定はあり得なかった

                わたしは人魚で あなたは四つ目

                この世の初めから決まっていたこと



                百年前にも同じ台詞を

                どこかで言われたような気がした

                迷い猫が草むらの奥で

                死んだ児の声そっくりに

                オオアアアルと哀しげに鳴いた
[PR]

  # by wind-walker | 2006-02-03 22:29 | 心象風景

箪笥◆Mermaid's dream

f0035447_2238453.jpg




               箪笥はいつも 夜更けに戻る

               鼻歌まじりに 廊下を歩き

               暗い風呂場で くしゃみする

               畳2枚分 離した布団に

               ドーンと倒れて いびきをかく

               酒の臭気に 眠りの鎖が

               千切れて跳んで 見えなくなった



               箪笥は昔 イルカだった

               イルカの箪笥は 愛嬌たっぷり

               波間に顔を 覗かせて

               わたしの足を 鼻で突付いた

               時には背中に わたしを乗せて

               遠い波間に 漂う月を

               夜が明け染めるまで 追いかけた



               箪笥は今は 箪笥になって

               重い引き出しに まだ物を詰める

               箪笥はものが 言えなくなり

               言葉はすべて 擬音になった

               それでも手のない 箪笥のために

               時には背中を 掻いてやる

           
               ああ 天窓に今夜も月が来て

               波打つシーツは 海原に変わる

               わたしは夢の中で 人魚になり

               ひとり 波間の月を追いかける
[PR]

  # by wind-walker | 2006-02-02 22:40 | 心象風景

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE