砂景

 
  
  浅瀬に人影がうかんでいた
  ゆらゆらと動いているのは髪の毛ばかりで
  まだ生きていた父とふたり
  はるか野の際をいく船に手を振り
  斜面の草をゆらす風に
  白い花びらをちぎっては散らした
  
  別れのはじまりはこんなにも唐突で  
  わたしはふいに折り重なっていく予感に
  編みあげた冠をかぶることも忘れて
  鈍色の裂け目にのまれるように遠ざかる
  父の背中を見送った

     ***

  しうしうと
  砂の降る音がする
  垂直に交わる部屋の四隅から
  天井から 桟から 扉から
  威嚇するヘビに似た金属音を発しながら
  わたしの背後にみるみる砂山を築いていく

  気がつけばすべてが砂であった
   
  崩落の中に溶けていく万象
  徐々に霧散していく諸々のかたち
  何者かの手によって注がれる力の帯が
  徐々に虚空へと引き上げられると
  かたちは輪郭を失い 砂粒となって崩れ落ちる
  形象にすぎないわたしたちの
  日々の磨耗とその消滅

  人の目は気づかない
  きのうのあなたはもう あなたではなく
  今日のあなたも
  明日には あなたではなくなること
  
     ***

  浮かぶ人影を見た日から
  幾度目かの年の六月の真昼
  父は白くかぼそい煙となって
  大気の中を昇っていった
  火葬場には夏の気配を秘めた光がうつくしく踊り
  不思議と人の死の匂いはしなかった  
  ただ焼香する人々の喪服の裾から
  かすかにしうしうと
  砂のこぼれる音が聞こえた
  わたしの小さな
  砂の耳に
  
[PR]

  # by wind-walker | 2007-06-06 15:45 | 心象風景

端末



   反転された文字列から入口を探す
   隠された仮想領域のことばを狩りに
   ほの白い闇に明滅する極小級数の記号は
   ところどころ渦を巻いてわたしを惑わせる
   黒色星雲の配置にならい なぞるカーソル
   の上に立ち現れる闇

   変換されるものと されないものの間で
   蠢いている見えざる手の記憶
   投影された形をさぐる端末の上に
   おぼろげに凝固していく死人の輪郭
   蒼白の顔面に針を突きたて
   開閉動作を不規則に繰り返しながら
   真夜中の回路をしずしずと進んでいく

   見えないことと混乱はつがいのように機能し
   憂いが空間に結ばれて
   人々の影がむなしく交差する
   異なる心と性の社交場で芽生える愛
   ときに紡がれては距離を一瞬で跨ぎ越し
   抒情はたおやかに語り継がれる

   増設された魂のメモリに
   窓の外 しめやかに雨は降り注ぎ
   深々と更けていく夜のしじまに
   端末は唸りを上げて
   幻を活写する
   
     
   
  
   
   
   
[PR]

  # by wind-walker | 2007-05-23 21:22 | 心象風景

暗渠

   
    わたしたちのうつくしい夏は過ぎ去り
    ただ ぎらぎらとした陽炎ばかりが
    道すじに燃え残っているけれど
    二度とあうことのない確信は
    耳元で鳴る音叉のように
    気だるい波紋をいくえにも広げて
    記憶の皮膜を削ぎとっていく

    あの日 斜面を駆けおりた
    いとけない子どもの魂は
    わたしの心に緑の聖痕をきざみ
    高らかに響かせた喉笛で
    いのちの切っ先を天空へ向け
    飛行する鳥群れまで切り裂いたのだ

    いとしい微かなさびしささえ
    子犬のように飼いならし あなたは
    諧謔のうぶ着にくるんで薄闇に解き放った
    けれども――
    体に裂け目を持つわたしたちは
    帯電した流れ込む粒子を
    たがいに暗渠のようにのみこんで
    下方へとあふれさせただけだった

    やがて石の中で水がよどみ
    樹木の中で火が燃えだし
    わたしたちはどちらともなく目を伏せて
    つないだ手と手を離したのだった
        
    じっとりと露にぬれた草むらの奥で
    かぼそい水脈が生まれでて
    傍らの側溝へ注がれていく
    ちろちろと小さな舌でわたしを浸すと
    暗がりに嵩をたたえた地底の沼へと
    水は音もなくのまれていった


    
[PR]

  # by wind-walker | 2007-05-17 17:36 | 心象風景

廃墟島へ



   翻る黒髪 目蓋打つ白き飛沫
   おののく好奇が船上を支配し
   まさに航跡に雪崩落ちようとするとき
   はるか前方
   絶えまなく湧き立つ海の回廊から
   ひとつの島影がせり上がる
   内没と狂気の閃光を孕み
   自足する世界の辺縁で
   なお朽ちながら生きている都市の
   鬱々として定まらぬ藍鉄の層(こし)
      
   ひしめく鉄骨の怜悧な骨組み
   あるいは望楼の下の石壁の肌理に
   穿たれた塩水の歳月の刻印  
   潮風の暴虐が引き裂いた
   格子窓の序列とそのリズム
   亡霊じみた曖昧さで林立する
   高層住宅の窓々から
   つぶてのように飛来する何ものかの視線
   不死者の圧倒する威厳 
      
   不在の時は醸成され
   その放逐の断層がひときわ鮮明な護岸の果てに
   おぼつかぬ足取りでたどり着くもの
   瓦礫の隘路に迷いながら
   なおも活路をもとめて虚空に風穴を開けるもの
   その顕わな意志が
   孤島の廃墟を照らすとき
   透明な冒険者はその際に下り立つ
   
      
   
   
   
   
[PR]

  # by wind-walker | 2007-04-26 14:19 | 心象風景

喪花


 

         弔いの言葉が捌かれて
         彼らはそれを咀嚼する
         通約された痛みの淵に
         紫紺のループを描きながら
         桜は
         自らの闇に向かって落下する


         蒼ざめた幹の震央で
         萌えいづる芽がふるえ出し
         無限の射程の前に頽れる
         その刹那
         予兆は増幅されて
         彼らのしめやかな葬送がはじまる


         散り敷かれた花の上を
         脚の萎えた人の歩調で歩む
         この春の冷気の奥底で
         虚しい深みへと向かった
         流された血のことを想う

        (私たちはただ
         嘆くことしかできないのですか)

 
         晴れわたる空の中に
         桜色の悲哀が透けている
  
         春の溶暗



 
[PR]

  # by wind-walker | 2007-04-19 22:22 | 心象風景

匍匐の夜

  

  草の葉を噛みながら進んだ
  狡猾な蟐蛾の三日月の下
  浸潤する夜の裳裾とたわむれ
  潮風に臭気をさらして干乾びる
  蛇行する隘路の果てには
  屠られた白き幽愁
  

  高波に洗われるトーチカの群に
  重ねた記憶の襞を這いのぼる陰鬱な影ひとつ
  波音におののき塞いだ内耳の奥から
  容赦なく降り注ぐ銃弾の旋律
  閉じた鼓膜を外へと突きぬけ
  岸辺射る閃光の断末魔にも似た轟きを
  紫紺の海へ 
  そして黒紅の空へと還す

  えぐられた洞門の砂に身を横たえ
  錆びた鉄鎖の唇音を聴いた
  鬱蒼たる草木にのまれた砲の墓場に
  水銀の露は降りて
  ものみな沈思する夜の奥底から
  馥郁とした香り立ち昇る
  戦跡の入り江に

  はるか東方の波の底に
  新しき朝はまどろみ
  終焉の始まりを告げて
  匍匐の夜が明ける
[PR]

  # by wind-walker | 2006-12-19 01:57 | 風のわだち

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE