<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

砂景

 
  
  浅瀬に人影がうかんでいた
  ゆらゆらと動いているのは髪の毛ばかりで
  まだ生きていた父とふたり
  はるか野の際をいく船に手を振り
  斜面の草をゆらす風に
  白い花びらをちぎっては散らした
  
  別れのはじまりはこんなにも唐突で  
  わたしはふいに折り重なっていく予感に
  編みあげた冠をかぶることも忘れて
  鈍色の裂け目にのまれるように遠ざかる
  父の背中を見送った

     ***

  しうしうと
  砂の降る音がする
  垂直に交わる部屋の四隅から
  天井から 桟から 扉から
  威嚇するヘビに似た金属音を発しながら
  わたしの背後にみるみる砂山を築いていく

  気がつけばすべてが砂であった
   
  崩落の中に溶けていく万象
  徐々に霧散していく諸々のかたち
  何者かの手によって注がれる力の帯が
  徐々に虚空へと引き上げられると
  かたちは輪郭を失い 砂粒となって崩れ落ちる
  形象にすぎないわたしたちの
  日々の磨耗とその消滅

  人の目は気づかない
  きのうのあなたはもう あなたではなく
  今日のあなたも
  明日には あなたではなくなること
  
     ***

  浮かぶ人影を見た日から
  幾度目かの年の六月の真昼
  父は白くかぼそい煙となって
  大気の中を昇っていった
  火葬場には夏の気配を秘めた光がうつくしく踊り
  不思議と人の死の匂いはしなかった  
  ただ焼香する人々の喪服の裾から
  かすかにしうしうと
  砂のこぼれる音が聞こえた
  わたしの小さな
  砂の耳に
  
[PR]

  by wind-walker | 2007-06-06 15:45 | 心象風景

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE