2006年 02月 03日 ( 1 )

 

幻想譚◆Mermaid's dream Ⅱ

f0035447_22161388.jpg



                箪笥のいない夜更けに

                わたしは廃屋に棲む四つ目と会う

                四つ目を思うとなんだかせつなくて

                夕暮れ時からたまらない気持ちになる 

                廃屋が見える路地まで来たら

                心臓が喉元までせり上がってきた



                四つ目はむかし神様だった

                節分の日に桃の木の弓で鬼を追った

                四つ目はときどき 

                追われる鬼に噛まれた傷を

                月光にさらしてヨモギで撫でた



                ああ 四つ目四つ目とわたしは囁く

                四つ目の頬は青白く 

                首筋は硬い木の肌のようだ

                ポケットに忍ばせた一つの林檎を

                四つ目と二人でこっそり食べた

                かすかな酸味が歯茎に残る

                いけない気持ちは微塵もなかった

                親密でいることが心地よかった



                四つ目は荒れた庭先に

                林檎の芯を放り投げ

                枯れ枝にかかる月にそっと手を翳した

                わたしはそれから髪を解き

                波の音が聞こえてくるまで

                四つ目の胸に耳を当てた



                「きみが人魚じゃなかったら

                ぼくらはきっと普通に出会って

                普通に林檎をかじってただろう」



                四つ目の言葉にずきんとした

                わたしが人魚じゃなかったら?

                そんな仮定はあり得なかった

                わたしは人魚で あなたは四つ目

                この世の初めから決まっていたこと



                百年前にも同じ台詞を

                どこかで言われたような気がした

                迷い猫が草むらの奥で

                死んだ児の声そっくりに

                オオアアアルと哀しげに鳴いた
[PR]

  by wind-walker | 2006-02-03 22:29 | 心象風景

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE