2006年 02月 02日 ( 1 )

 

箪笥◆Mermaid's dream

f0035447_2238453.jpg




               箪笥はいつも 夜更けに戻る

               鼻歌まじりに 廊下を歩き

               暗い風呂場で くしゃみする

               畳2枚分 離した布団に

               ドーンと倒れて いびきをかく

               酒の臭気に 眠りの鎖が

               千切れて跳んで 見えなくなった



               箪笥は昔 イルカだった

               イルカの箪笥は 愛嬌たっぷり

               波間に顔を 覗かせて

               わたしの足を 鼻で突付いた

               時には背中に わたしを乗せて

               遠い波間に 漂う月を

               夜が明け染めるまで 追いかけた



               箪笥は今は 箪笥になって

               重い引き出しに まだ物を詰める

               箪笥はものが 言えなくなり

               言葉はすべて 擬音になった

               それでも手のない 箪笥のために

               時には背中を 掻いてやる

           
               ああ 天窓に今夜も月が来て

               波打つシーツは 海原に変わる

               わたしは夢の中で 人魚になり

               ひとり 波間の月を追いかける
[PR]

  by wind-walker | 2006-02-02 22:40 | 心象風景

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE