2006年 01月 17日 ( 1 )

 

生きること 死ぬこと◆Lost, yet hoping

f0035447_2247177.jpg





           生きていること 死ぬことの不思議
           さなぎのような体の中に 
           閉じ込められた私の意識
           息を吸うたび膨らむ胸郭 
           心地よい空気の移動
           耳の奥で脈打つ血のうねり
           私にしか聞こえない 秘密のリズム
           刻む時 落ちる砂
           流砂のように変化する景色



           なのに友は死んだ
           桧原村の山林の中で
           家族が触れた頬はまだ温かかった
           魂はとうに去っていたというのに
           お葬式ではみんなが眼を伏せ
           気味が悪いほど寡黙だった
           嗚咽を漏らすのさえ 気が咎めるほどに
           ただ彼らの善良な両親だけが
           はらはらととめどなく涙を流し
           白菊の上に透き通った露をこぼしたのだった



           あれから何年経っただろうか
           それでも私は生きている
           消え入りそうな焚き火に 今日の糧をくべ
           ほそぼそと希望をつなぎながら



           私は死ねなかったのだ
           私の心臓が あまりにも健気に働くから
           私の両肺が あまりにも必死に膨らむから
           私は死ねなかったのだ
           私の血管が あまりにも力強く脈打ちながら
           「生きて 生きて」 と囁くから
[PR]

  by wind-walker | 2006-01-17 22:39 | 風のわだち

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE