2006年 01月 16日 ( 2 )

 

夕景◆In the twilight

f0035447_136312.jpg




          なぜだか自分は

          昼と夜のあいだの薄暗がりにいて

          テレビから流れる声を

          聞くともなく聞いている

 

          闇が部屋まで迫ってくると

          追い立てられるように

          まだ明るさの残る通りへ出て

          自転車が走り去るのを遠目に見る

 

          こうしているあいだにも

          わたしの時間は流れ去り

          悲哀も愛も災いもない一日が

          白紙の日記に追加される



          せめて寄る辺ない今日の最後に

          夕陽の色で瞳を染めて

          どこかにいるもう一人のだれかを

          夢のなかで抱いてあげよう
[PR]

  by wind-walker | 2006-01-16 22:49 | 心象風景

聖と死と◆Death and his moment

f0035447_1451065.jpg




         マンジュシュリ・ミトラの死んだ朝

         わたしは聖河で衣を洗った

         水の底でゆらめく草が

         女の黒い髪の毛に見えた

         空はおぼろな光に満ちていた

         初夏の風が岸辺でそよいでも
    
         花の香一つしなかった



         マンジュシュリ・ミトラの死んだ夜

         わたしは部屋でラジオを聴いた

         DJのうそぶく軽口が

         なぜだか厳かな楽曲に聞こえた

         この世は危険な陥穽ばかり

         赤ん坊の寝顔に口づけしても

         乳の香一つしなかった



         マンジュシュリ・ミトラの死んだ日に

         思ったことはただ三つ

         いつまで明日があるだろう

         いつまでここにいるだろう

         あなたはどこへいくだろう
[PR]

  by wind-walker | 2006-01-16 22:34 | 心象風景

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE