2006年 01月 10日 ( 2 )

 

孤独◆Solitude

f0035447_1437598.jpg




               まろやかなもの

               あたたかいもの

               いたいけなもの

               たおやかなもの

               人からくるそれらのものに

               無反応な者がいる



               おんなたち

               おばさんたち

               おかあさんたち

               ちのみごたち

               それら丸みを帯びた者たちから

               遠ざかる者がいる



               その者はかれらのなかで

               身を硬くして縮こまる

               異教徒の国に生まれた

               みなしごのように



               その者の孤独は

               かれらにはわからない

               なぜなら丸みを帯びた者たちは

               シャボン玉のようにいともたやすく

               くっつき合うことができるからだ
[PR]

  by wind-walker | 2006-01-10 21:14 | 心象風景

空◆Clouds in my mind

f0035447_1433505.jpg




       空ばかり見つめていた日々があった

       雲が流れていくのを目にするだけで 心が満ち足りた

       父の大きなサングラスをかけて 屋上に寝そべった

       雲が七色の光に輝くのが ただただ不思議でならなかった



       心が空で 去来する雲が感情だと気づいたのは

       ずっと後のことだった

       わたしの空は たいていいつも曇っていた

       曇っているのは 自分のせいだと感じていた



       自分が嫌いだった 自分が汚いものに思えた

       それでも自分を捨て切れなかった

       どこかで自分を愛していた 

       きっと黒雲は去っていくと わたしのどこかが信じていた



       空いっぱいに暗雲が垂れ込めても

       きっといつかは晴れ上がる

       そうでしょう・・・?



       わたしが出会いたかったのは たった一つのもの

       蒼いキャンバスこそが心だと 教えてくれたもの

       雲は「わたし」ではないと 気づかせてくれたもの




  

       昨日はすばらしい夕焼けでした
[PR]

  by wind-walker | 2006-01-10 21:02 | 心象風景

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE