夕景◆In the twilight

f0035447_136312.jpg




          なぜだか自分は

          昼と夜のあいだの薄暗がりにいて

          テレビから流れる声を

          聞くともなく聞いている

 

          闇が部屋まで迫ってくると

          追い立てられるように

          まだ明るさの残る通りへ出て

          自転車が走り去るのを遠目に見る

 

          こうしているあいだにも

          わたしの時間は流れ去り

          悲哀も愛も災いもない一日が

          白紙の日記に追加される



          せめて寄る辺ない今日の最後に

          夕陽の色で瞳を染めて

          どこかにいるもう一人のだれかを

          夢のなかで抱いてあげよう
[PR]

  by wind-walker | 2006-01-16 22:49 | 心象風景

<< 生きること 死ぬこと◆Lost... 聖と死と◆Death and ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE